港北区 パチンコ・スロット

港北区 パチンコ・スロット

柔らかく微笑む優しい顔に、俺の心臓が跳ねる

こんなに美しく見えてしまっては、男装がバレるのじゃないかと、ヒヤヒヤしていると、「レイ様は、サヤさんを伴ってどちらに? こんな早朝から、お仕事ですか?」「いや……せっかく雨季が終わったから、見回りがてら、散歩をね」「そっか

私たちも、つい早く家を出ちゃったもんね」 どうやら動機は俺と同じであったらしい

少し笑ってしまった

 俺は二人に、今日も美味しいご飯をお願いするよと伝える

 すると二人は、笑顔ではいっ! と、良い返事を返してくれた

そうして一礼してから、軽い足取りで食事処の方へと歩いていく

あなたも好きかも:沖縄 パチンコ 優良店
 二人を見送ってから、土嚢壁へと向かった

 夜通し経過観察を続けてくれていた近衛方々に、お疲れ様ですと声を掛けると、ピッと、折り目正しいお辞儀を返される

「おめでとうございます」「えっ? あ、あの……」 ここではおめでとうときた

 慌てる俺に、近衛の方は爽やかな笑顔で「無事、雨季を乗り切られましたこと、心よりめでたいと思いましたもので」と、説明してくれる

「い、いえ……こんな田舎まで来て頂いて……王家の盾である皆様に警護やら観察やらさせておいてあの……本当に、ありがとうございます」「大変、有意義な体験でした