リオ・スターズ

リオ・スターズ

 ただ、限界を超えた限界だと思われた『頂上』が、さらに光度を増す

 そこで私とカナミは戦う

 カナミは『アレイス家の宝剣ローウェン』で剣閃を煌かせて、私は無数の『魔力物質化』の刃で剣閃を煌かせる

カナミは次元と光と地の魔法を放っては散らし、私は星と木と風と闇の魔法を放っては散らす

 その魔力の粒子が、数え切れない多色の星々に見え始める

 鏡の魔力が反射させては映すせいで、一つ魔法を放てば千の魔法に分裂して見える

 つまり、太陽のような光が一つ発生したら、それは千個に増える

ふと地平線に目をやれば、そこには千の地平線が千の方向に伸びている

あなたも好きかも:中村会長 パチスロ
雲も同じく、東西南北どころか千の方角に流れていく

それは万華鏡の中で戦っているようで――一つ、懐かしい記憶が蘇る

あなたも好きかも:花火 スロット チェリー
 それは一年前に迷宮連合国のヴアルフウラで行われた『舞闘大会』

 わくわくしながら、決勝戦を観客席で見ていたときの記憶

あなたも好きかも:スロット バイオハザード リベレーションズ 朝一
 あのローウェンさんの最期を思い出す

 彼も、このくらい明るくて綺麗な場所で戦っていた