パチンコ 上尾 バイト

パチンコ 上尾 バイト

リサが去るとタガグロは俺に身体を寄せてきて、にゃからんてぃがタガグロの肩に乗っかって首筋を揉む

口数が少ないのは緊張していたようだ

他種族にとっては、基本的にマシーナリーという種族は畏怖の対象なのだろう

俺は寝ているセイを背負い、座っているバナーンを見上げて「では、時間まで外で待たせてもらいます

あなたも好きかも:スロット バジリスク ハイエナ
出してもらえますか」と話しかけ、上機嫌のバナーンはすぐに了承した

あなたも好きかも:パチンコ うる星やつら 曲
ジンタイに付き添われて階段を登り、グラスハウスの外へと出るともう真っ暗だった

あなたも好きかも:パチンコ 管理者 変更届
月明かりが照らしているので一応周囲は見えるがタガグロとペンライトを点ける

「およそ、五十二分後にゴルスバウ陣地の真後ろに到着いたします

幸運を」ジンタイは素早く俺にそう告げると、再びグラスハウスの下部へと去っていった

「ふううううううう

緊張したわぁあああ」タガグロが腕を思いっきり伸ばして、座り込む

俺もセイを下ろして座る

にゃからんてぃは寝ているセイのほっぺたや額を肉球で突いて遊び始めた

「お互い、大変だったなあ」「たっくん、マシーナリーってな

 うちら、他種族から見たら怖いんよ