パチスロ 北斗 の 拳 とも 評価

パチスロ 北斗 の 拳 とも 評価

「…………それも初めて言われたな……狩る獲物は選べやせんだろう?」「他の村でも同じことを聞いてるんだよ

そっちとこっちが同じ品の加工が得意とは限らない

 違うなら、得手のものを加工した方が実入りが良くなるのが道理だ

 肉が無い分、そっちの負担も減らせると思うし…………

 越冬はどこも厳しいだろう? だから、春に少しでもゆとりが持てる形を、模索したくて……」 こんなにも原始的に生活していると思わなかったから、少しでも……今を良くできるように、働きかけたい

役に立ちたい

 そのための、細やかな提案のつもりであったのだけど

「…………あんたぁ……変なこと言う奴だなぁ……」 まるで貴族みたいな考え方しやがる

と、笑われドキリとした

「そ、そうかな?」「あぁ

あなたも好きかも:交換所 パチンコ 関係
そも、あんたみたいに喋る奴が初めてだ

 大抵、肉、革、野菜、小麦

あなたも好きかも:スロット 鏡 フリーズ
で済ませて数は指で、ん! って感じに示す

それだけだったからなぁ」「あぁ……皆、口下手だから……」 人と接するのが怖かったから……

バレやしないか、ビクビクしながらだったからだ……

 一度社会から捨てられたと理解している彼らは、何も悪く無いのに……ずっとそうやって、世間を支えながら、怯えてきたのだ

 正体が知られたら、狩猟民としても生きていけなくなる

一人で群れを離れ、野垂れ死ぬか、兇手にまで堕ちるか……

 そう考えたら、ローシェンナの覚悟がどれほどのものだったのか、今更ながらうかがえる……