八戸 パチンコ バイト

八戸 パチンコ バイト

秘密にしなければならないことも、もうないですよね?」「そうだな

では、戻るか――」 考助にドラゴンがそう応じると、来たときと同じように一瞬にして風景が変わるのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 考助達が元の場所に戻ると、一緒に来ていた女性陣が少しだけ心配そうな顔で出迎えた

「あれ? そんなに時間が経った?」「いいや

あなたも好きかも:dark souls 3 スロット
そうでもないかの

あなたも好きかも:初当たり パチンコ
ただ、いきなり消えたからの」「ああ、なるほど」 ドラゴンに連れていかれた場所は、特に時間の流れが違っているなどの違いがあったわけではない

あなたも好きかも:パチンコ ことぶき 換金率
 そのため、考助達が話をしていた間、シュレインたちは待ちぼうけを食らっていたのだ

 いきなり消えた考助たちのことを心配するのは、当然のことだろう

 もっとも、今回はコウヒとミツキが一緒に消えていたので、戦闘的な意味での心配は少なかったのだが

 なにか言いたげなシュレインに、考助は小さく首を左右に振ってから言った

「まあ、とりあえず、神様関連だから聞かないでくれると嬉しいかな?」「なるほどの」 考助のたった一言で、シュレインはそう言いながら頷いた

 考助が周囲を見れば、シルヴィアやフローリアも同じような顔をしていることはわかった

 クラーラも一緒に消えていたことから、恐らくそうだろうとは予想していたのだが、考助から直接聞きたかったのだ

 神様関連の話となれば、容易に話せないことがあるということもわかる

 そのためシュレインたちが、それ以上のことを聞いてくることはなかった

 その雰囲気を感じ取った考助は、改めてドラゴンを見ながら聞いた

「こっちが知りたかったことはもう聞き終えましたが、ほかになにかありますか?」「いや、こちらも特には……ああ、そうだ

お礼がまだだったな