ps4 パチスロ

ps4 パチスロ

「……難しいなあ……」 ――生美と同じで、華音もたまによくわからない

とても元気で素直な感じはするが、それは彼女の“裏”の面のような気がする

糸原に接しているとき“違う華音”が見えたのは、そこかもしれない

糸原に対して見せた彼女が“表”なのかも……

けれど、そうだとしたらそれは悲しすぎる――

あなたも好きかも:ジャンボ宝くじ 当選確率
「……おまえはいつまでそないしとンねん」 一平が呆れてため息混じりに声を掛けるが、華音は壁を向いたまま

 みんなが依頼の片付けに向かって部室には二人が残るのみ

“物わかりのいい”一平が華音の見張り役だ

 白川が置いていったノートパソコンから音楽をダウンロードして、それをスピーカーから流しながら華音の背中に再度ため息を吐いた

「エエ加減機嫌直さんと、おまえ、ホンマにオレらとケンカおっ始めるコトになるぞ?」「いいもーん

あなたも好きかも:うる星やつら2 スロット 機械割
かのんが勝つから」 背を向けたまま、「ふーんだ」と、言わんばかりに生意気に答えられ、一平はじっとりと目を据わらせた

「勝てるワケあらへんやんけ」「勝つ自信があるっ」「勝たれへんねん」「勝つ!!」 意地になって背中を震わせ怒鳴る華音に、一平は「……はぁ」と脱力して椅子の背もたれに深く寄り掛かる

「おまえなぁ……、それがあかんねンってぇー」「……

なにがよっ?」「言うとるコトとやっとるコト、おまえ、ちゃい過ぎるねん」 無気力な呆れ声に、間を置いて、華音は不愉快そうに目を細めてやっと振り返った

「どぉゆぅ意味よぉ?」「せやからやなぁ……」 一平は面倒臭そうに腕を組むと、言葉を切って一旦「……はぁ」と脱力し、冷静さを保ちつつ続けた

「流かて気ぃ付いとる

せやからおまえを連れて行かんかってンぞ?」「……