パチンコ 手動

パチンコ 手動

「僕は何を……生き残ったのか……」大型犬ほどの体長から生えた首で辺りを見回したヌーノは俺たちを確認して、四足で身構え、翼を広げる

「ヌーノちゃん、遊びは終わりよ

貴方は私が思ったより 遥かに能力も見所もあったわ」「お前は……リングリングか……!?」驚くヌーノを気にせずに美射は「あんた、今すぐにあそこに居るセイちゃんの仲間になりなさい」「……お前は僕に何を言っているんだ……」「このリングリングが、貴方をサイキョウで生き残った王者に認定してあげるから 但馬の下にさっさとつけって言ってるのよ」「美射……ちょっと、それは強引じゃないのか……」美射を諌めようとしている俺を眺めたヌーノは「そうか……物理体ではないな

タジマはあのディルクの手で死んだのか

 彼も世界最強の一角を屠れたとは、鼻が高いだろうな」と面白そうに口をゆがめる

あなたも好きかも:八王子 スロット pia
「ちょっと貴方、私の但馬に何か文句あるの!?」お前の但馬になった覚えは無い

あなたも好きかも:ワンセット防具 スロット
と止めようとすると「お前の迷宮で、お前の心底愛する但馬を殺すとは お前の愛も虚無の王並みにねじれているな

ふふふ、あはははははははは!!」笑いが止まらないヌーノを美射は顔を真っ赤にして眺める

あなたも好きかも:パチンコ キョロキョロ 病気
「あのねぇ……今すぐあなたを神の力で捻り殺せるのよ? 私の話を聞きなさいよ……」全然相手にされていない美射の前に出て「悪いけど、セイたちに協力してやってくれないかな? 番人と間違えて、殴ったのは謝るから」ヌーノは真っ青な大きな両目で俺を見つめて「……シズカ姫によって、僕の配下は全滅させられたのだが 但馬はそれについては何かできるというのか?」「うーん

謝れっていうならいくらでも謝るし 代わりのものが欲しいなら、あげるけど……」「けれど……?」「命がけでリングリングの提供した暴力でのギャンブルを遊んだ結果じゃないのか? 君の配下たちだって、今ごろ冥界を歩きながら、 きっと後悔はしていないと思うけどな」「……」ヌーノは黙り込んだ

あ、やばい

言い方が無神経だったかもしれないな

と俺もしばらく黙り込んでヌーノを見つめる

「ヌーノちゃん、ちょっとネタばらしするとねぇ」美射が仕方無さそうにヌーノに語りかける

「ここに居る但馬が、破壊神になった時のために、 邪悪な腹心を作るつもりだったのよ

 サイキョウ内であなたたちを延々と争わせて、その果てにね」「……」「でも、貴方も知っての通り、但馬は暴力や支配を嫌う善良な 流れ人になっちゃってね