北斗の拳 世紀末救世主伝説 パチンコ やめどき

北斗の拳 世紀末救世主伝説 パチンコ やめどき

 そんな不気味なオーガはのっしのっしと巡回しているだけのようで、その場を離れる

「とりあえずまだ襲ってくるには時間があります

その内に亜人種の方々を探しましょう」 暗い地下道の中、小さな灯り用の魔石で地図を照らしながら、一番近い待機部屋を目指す――

「ここだけど……」 その待機部屋付近にも魔物が不気味なくらい、大人しくこちらをジッと見ている

 天井にぶら下がり暗闇から血のような瞳が光っている

あなたも好きかも:受け 攻め 診断 スロット
 ぼんやりとではあるが、シルエットからバット系の魔物と思われるが、瞳の大きさから普通のバットとは極端に大きさが違うようだ

あなたも好きかも:ninjablade パチンコ
 オーガほどではないにしても、中型くらいの魔物のサイズはある

 一応、襲ってこないか警戒しつつ、待機部屋へと入っていくと多くの亜人種が身を寄せ合っていたのが確認できる

 すると人間だとわかったのか、畏怖の声を上げて怯え惑う

「落ち着いて! 私達は敵じゃないから!」 そんな言葉など聞き入れるわけもなく、女子供は互いに抱き合い震え、男連中も身構える素振りを見せる

あなたも好きかも:河内天美 パチンコ
 こんな空気を作り出すほど怯えている亜人種達が落ち着くのは待っていられない

 魔物達が暴れる時間まで迫っている

 おそらく魔物達のリミッターが外れれば、さっきまで大人しくしていた魔物達がここへやってくるだろう

 何の準備もなく襲われればひとたまりもない