パチンコヴァンプ シャドバ

パチンコヴァンプ シャドバ

「行かないの?」「この階では一切、手は出さないでゲス」だが、一応、見える場所までは行こうと廃墟の屋根を跳躍していって、三階建ての量販店の建物のような廃墟の屋上の上で仁王立ちしたまま動かなくなっている、四本足のロボットの砲身が曲がった戦車のようなボディの上に乗る

地上十五メートルくらいである

青空を映した天井がかなり近い

このロボットも穴だらけである

マロンたちは早くも、軍服を着た小柄な長い赤毛の男と激しい戦闘に入っている

「おーやっとるなぁ

支援していたスナイパーも 全部片づけたみたいねぇ」ドルナジャが胸元から暢気に言ってくる

あなたも好きかも:パチンコ スロット あるある
「そうでゲスな

楽でいいでゲスよ」俺も荷物を背負ったまま胡坐をかいて座って二人の激闘を眺める

赤毛の男は派手な髪を振り乱して闘気も使わずに、闘気を纏って傘で攻撃するマロンと圧倒的な肉体で攻め立てるバグゥの激しい攻撃を受け流し続けている

「どうですかー?勝てそうですかー?」他人事のように尋ねてくるドルナジャに「……相手は、三つくらいまだ奥の手を隠してるでゲスな

 それ入れても、どうにかなるんじゃないでゲスか?」あえて二人を突き放したような言い方をする

あなたも好きかも:入金不要ボーナス 最新 カジノ
「ふふふ……」ドルナジャは笑って黙った

俺の気持ちを珍しく汲んでくれたらしい

こいつは、俺の考えてることや、気持ちは分かっているはずなのだがあえて無視しつつ、サイコパスムーブをするのがなぁ……

などと、力を抜いて考えていると下ではいきなり、マロンがバグゥの腕を握って大きく飛びのいた

同時に男も飛びのいて、つい一瞬前までマロンたちが居た地面が爆発する

「はい、一つ目の奥の手でゲス」地雷を起爆させたようだ

「狡いわよねー」さらに、男が右手をサッと上げるとマロンたち目掛けて辺りの廃墟に隠れていた狙撃手が構えた