麻雀 物語 スロット 4 号機

麻雀 物語 スロット 4 号機

この辺りは多分師匠と一緒にいれば困ることはありませんよ」それはつまり小百合と一緒にいると大抵面倒事に巻き込まれるよという事なのだろうが、まったくありがたくない

むしろ非常に迷惑だった

事件解決が高い評価を受けるきっかけになるのは事実なのだろうが毎回毎回面倒に巻き込まれていては身がもたない

そのあたりどうにかできないものかと思いながらも康太は文の方を見る

あなたも好きかも:パチンコ 筑後 ラッキー
「ベルはどうする?評価が上がればうれしいだろうけど・・・一緒に来てくれるか?」「え・・・?いやまぁ基本はあんたと組んでるわけだし一緒に行くけど・・・でも毎度一緒に行動できるわけじゃないわよ?そのあたりは自分で何とかしなさい」今のところ味方は真理と文しかいないために助け舟を求めたのだが、やはり彼女としても可能なら面倒事は遠慮したいようだった

あなたも好きかも:スロット 富山 爆
確かに小百合と一緒に行動することによって面倒事に巻き込まれるなら自分は安全圏から眺めていたいというのが本音なのだろう

あなたも好きかも:ギャンブル依存症対策 スロット
康太と同盟を組んでいるとはいえ文だって魔術師で一人の人間だ

可能なら面倒事は回避したいという考えを持っていて然るべきなのである

「大丈夫ですよビー

可能な限りフォローしますから

しっかりとがんばればなんとかなります」「・・・なりますかね・・・まぁあんまり悩んでても仕方ないか・・・」小百合がどんな面倒事を引き込むかはさておいて、それを越えなければ自分に平穏などというものは訪れないのだ

どんな苦労が待っていようとそれを乗り越えなければ何も得ることはできないのである

一つの事件を解決したという事もあって康太は少しだけ自信を持って魔術師であるという事を自覚できるようになっていた

もちろん面倒であることに変わりはないし、可能なら中学の時のような平平凡凡な生活に戻りたいとも思っていたが、それはもはや今さらというものである

ものは考えようだ

評価が上がればそれだけ自分の味方になってくれる人物も増えていくだろう

そうやって少しずつ味方を増やしていけば必然的に平穏な日常を掴むことができるようになるだろう

高校一年生にして平穏な日常を願うというのもどうかと思ってしまうが、康太からすれば切実な願いだった