パチンコ ユニコーン 台選び

パチンコ ユニコーン 台選び

また、ボーモン南部において、普第4軍団が市街を越えて前進し、S軍団が市街南方とムーズ川までの間に展開する状況を確認しました

 午後3時45分、ボーモンの南郊外に達したアルベルト王子は、普大本営からマース軍首席参謀に呼び寄せた「懐刀」、男爵カール・ルートヴィヒ・フリードリヒ・ベルンハルト・フォン・ホルレーベン=ノーマン少佐を北方に派遣し、「ムーズ川からその西岸に居残っている仏軍後衛を遮断出来るか否かを判断」するための偵察を命じたのでした

あなたも好きかも:灘区 新在家 パチンコ
 同時に兄王太子と会合した第12「ザクセン(S)」軍団長ゲオルグ・ザクセン親王中将にも、「ムーゾンからカリニャンに至る街道を偵察するため、騎兵師団の一部にムーズ川を渡河させ東岸に至る」よう命じるのでした

ボーモン郊外で握手するザクセンの両親王 「ボーモンの戦い」第一段階において、ボーモン市街に突入したグスタフ(G)・フォン・アルヴェンスレーヴェン歩兵大将率いる普第4軍団は、市街地を占領し北西部の仏軍野営地を占拠した後、砲兵が砲撃を行っている間に市街地の東西両側で再編成と再集合を行いました

 第7師団の第13旅団は最初にボーモン南東側の高地上に集合し、砲撃戦によって仏軍砲兵が撤退した午後3時過ぎ、右翼側部隊により市街東郊でボーモン川(ボーモン南市街を横切ってレタンヌ付近でムーズ川に注ぐ小河川)を渡河させ、左翼部隊が市街地を通過して北方への前進を開始しました

この旅団には付近に砲列を敷いていた師団砲兵の3個(軽砲第2、重砲第1,2)中隊も後続します

一方、第14旅団もボーモン南西側に集合再編成後、市街西側を迂回して前進を開始しました

 この第7師団両旅団は、師団長フォン・グロス=シュヴァルツホッフ中将により市街地北方の高地上で戦闘陣形に整えられました

 ※午後3時30分における普第7師団戦闘陣形☆第13旅団(ムーゾン街道を左翼端として右翼をラ・フェイ森南縁まで展開)○第一線 第66「マグデブルク第3」連隊(大隊毎の縦列横隊陣形)・第2大隊 ムーゾン街道の東側・F大隊 左翼を第2大隊に接して右翼端はル・フェイの森(ボーモンの北北東1.5キロ付近)南部まで・第1大隊 上記両大隊の中央後方○第二線 第26「マグデブルク第1」連隊(半大隊陣形) 左翼をムーゾン街道に沿わせる☆第14旅団(13旅団左翼後方に展開)○第一線 第93「アンハルト」連隊(大隊毎の縦列横隊陣形)○第二線 第27「マグデブルク第2」連隊(第5,6,7中隊とF大隊のみ) ※第27連隊はその5個中隊(第1大隊と第8中隊)が輜重や戦利品監視を命じられボーモン市街とその周辺に残留しています

 この第7師団の左翼(西)後方から第8師団も徐々に前進し、午後3時過ぎには師団前衛(第16旅団中心)がアルノトリの家南方に集合し、後続も随時前進しました

あなたも好きかも:カジノ マーク
アルノトリの家がフュージリア第86連隊第3大隊によって占領されるのはこの時のことでした

 この普第4軍団による新たな前線では、その前(北)方が918高地とジヴォドーの森(アルノトリの家北東側2キロ周辺、ムーゾン街道両側に広がる森)に遮られ、ムーゾン方面が展望出来ない状態でしたが、その西側ではB軍の前進が始まり、アルノトリの家が陥落したことで仏軍もまた北方高地へ撤退、全く敵影を見ることがなくなるのです

あなたも好きかも:信なの野望 パチンコ
 第4軍団長G・アルヴェンスレーヴェン大将は午後3時、ボーモン北方の前線に進み出ていましたが、敵が果たしてムーゾンへ向かったのか、はたまたヨンクを越えてフラバ方面へ向かったのか全く分からなくなりました

 将軍は仏軍との接触を回復するため、この時ボーモン市街西に集合待機を終えた軍団の諸騎兵部隊に対し、ヨンク部落からヨンク川西岸のヨンクの森高地に掛けて進撃するよう命じます

同時に第7師団に対し、ラ・サルテルの家(ボーモンの北3キロ)へ向かうよう、また、第8師団に対しては、ムーゾン街道を右翼端としてアルノトリの家からヨンク方面へ北上するよう、それぞれ命じたのです

 この第4軍団の諸騎兵(驃騎兵第12、竜騎兵第7両連隊)が前進を始めると、突然、仏軍の砲兵がヨンク部落東方の高地上に現れ、その砲撃によって前進を妨げられました

その上右翼を行く驃騎兵第12連隊はジヴォドー森高地からもシャスポー銃の猛射撃を浴びてしまい、直ちに付近の遮蔽に待避します