パチスロ アクエリオン evol

パチスロ アクエリオン evol

「それにしてもあの人達も随分とアイシアのこと、引き止めてたね」「うん

私、別の国になんて行かないもん」「……留学という形もあるでしょうに」「――嫌っ! みんなと一緒がいい!」 子供みたいな駄々をこねて抱きつかれる

これにもだいぶ慣れてきた

 最近、また大きくなったなぁと余裕を持って考えられるくらいに――

 ――話を少し戻すが、ヤキンとレオンはアイシアの目覚ましい成長速度に大絶賛

 レオンに関しては、その才能を妬くくらいである

あなたも好きかも:1 スロット グラボ
はっきりと異常とまで言われた

あなたも好きかも:日高 パチンコ 高麗川
「やはり考え直してくれないか? 君なら優秀な、いやこの大陸最強の龍操士(ドラゴンライダー)になれる!」「嫌です

あなたも好きかも:ナンニチ パチンコ
私はリュッカ達と離れたくありません」 目を見張るほどの才能はあるにも関わらず、そこはテコでも動かないと強情を張る

「お前な! 将来を考えれば、ちゃんとした教育機関で学べば、人の為になるんだぞ! 他の連中みたいにカッコ良さそうとか、適当な理由の奴らなんて目じゃないくらいにな!」 そのレオンの高圧的な説得も、ツンとして聞かない

中々頑固な一面を見せるアイシアに、リュッカも珍しいと困惑する

「シア、私達と一緒じゃないと寂しいのはわかるけど、もう少し考えてみてもいいんじゃないかな?」「ううん、嫌」 本当にテコでも動かないようだ