パチスロ あの花 フリーズ

パチスロ あの花 フリーズ

余りにも強すぎる光に目を瞑る

そういえばこの世界に来てから、飛ばされてから何回かこういうことがあったな

自身の即死を確信していることを理由に、一時の休憩にこの時間を使う

『死胎鏡譚(リコレクト・ハイド)』の発動を唯々待ち続け……「───『不思議の国(アナザーワールド)』」──私の王子様は現れた

あなたも好きかも:犬夜叉 曲霊の邪念 スロット
異界より開かれた魔法の扉を潜り、不思議の国の特権を引っ提げて私の、私だけの……私、だけのアリスは来てくれた

「来なくても死なないって」自然と悪態を付いてしまうのは許して欲しい

死なないとわかっていたはずなのに零れていた涙と、二重の意味で赤くなっている顔を誤魔化すための方便ってやつだから

「いらなかった?」 『不思議の国(アナザーワールド)』は……アリスの無限インベントリはこんな攻撃を収納する用途では出来ていないから、当然無理をしている……代償を普段以上に支払っている筈なのに、平然と……普段のような余裕をふんだんに含んだ声で問うてくる

あなたも好きかも:まどか マギカ パチンコ 導入
「まさか」世界の何処よりも明るいこの場所で、最高のやり取りを重ねる

これ以上ないほどの支援を、応援をもらってしまった

──あぁ、これは大きな貸しを作っちゃったな

あなたも好きかも:グラブル カジノ 解放
アリスが左手を大きく振り上げると同時に強大な光の奔流は全てその異次元へと吸い込まれる

虹色の閃光が辺りに飛び散り、幻想的な光景を映し出す

戦闘中だというのに突然不思議(アリス)の国に巻き込まれてしまい、そして見とれてしまう

それは万人が愛してやまない不思議の国のおとぎ話であり、童話のようであり……なによりも

「アリス(・・・)らしいね」偶然かもしれないけれど

私の世界で、私の元いた世界で言われていたその名前の起源と一致するその行動は世界を魅了して、全ての動きをとめるのに十分なものであった