ブラックジャック 期待値 表

ブラックジャック 期待値 表

「完全無欠」な主人公は、「結局最後は勝つんだろ」と思われてしまって、ハラハラ・ドキドキ感が薄い物語になりやすいのです

 読み手が楽しんで読んでくれるようにするには、主人公に「欠点」を作ったり、「弱点となる人物」を出したりしましょう

 それだけで展開は途端に波乱含みになるのです

あなたも好きかも:ブラックジャック 血液型
「完全無欠」でも物語を面白くする手段はたくさんあります

 それらをどう組み合わせるか

 そのパターンの数だけ、物語の展開は派生していきます

あなたも好きかも:g1倶楽部 スロット シンボリクリスエス
共感の増す主人公像 小説に限らず、物語は読んだり観たりしている人が主人公に共感できて感情移入しやすいことが求められます

 とくに小説は文字しか書かれていないので、「絵が好み」「役者が好き」といった映像面での補助作用を期待できません

 ではどんな主人公が読み手の共感を得るのでしょうか

読み手と等身大の主人公 最も読み手の共感を得やすいのは、読み手と同じような等身大の主人公です

 中高生が主要層であるライトノベルであれば、主人公を中高生に設定するだけで共感してもらいやすくなります

 主人公の性別も重要です

 男性が読むことを想定しているのなら「男主人公」に、女性が読むことを想定しているのなら「女主人公」にしましょう

 もし中年を主要層にしたい小説であっても、主人公を中高生に設定するのは「あり」です

 ほとんどの中年の方は中高生を経験しています

「教育」が国民の三大義務である日本なら当たり前ですよね

 それでもいじめやパワハラ、また家庭の貧困などが原因で不登校に陥ってしまい、中高生を経験していない人も存在します

 不登校の経験者は全体の5.4%ほどとされているそうです