パチスロ ギルティギア ヴァステッジ ブリジット

パチスロ ギルティギア ヴァステッジ ブリジット

よって他言無用ってな……ま、知ってる連中もそこそこいる

同業の馬鹿共は俺を〝特別(スペシャル)〟だと勘違いしてて気づいてねえが」「特別? 私には――張りつめた市販の風船にしか見えないわよ」「それが正解だ

正解だが、俺も下手に偽装はしてる」「偽装せずとも、だからこそ届かない……少なくとも今の私じゃ駄目ね」 視線を切り、崩れる山へ向ける

まだ数分、地鳴りは収まる気配を見せない

「何をしに? きっと今のあなたは、本当に最低限の仕事しか――してないんでしょう」「厳密にはしている素振りを見せている、だ

俺に回ってくる仕事の大半はブルーか、エルム辺りが投げてくる

後は気ままにだ、楽なもんだな」「だったら尚更、自分が動いてまで私にコンタクトをとる理由が気になるわよ」「縁が合った、じゃ納得しないか?」「縁を合わせにきた男を相手に?」「口が悪いのはレインの影響か……あの馬鹿も、もうちっと落ち着けばいいんだが」「落ち着いてるわよ?」「……まあ、文句が五百メガバイト程度減ってはいる」「あは、苦労してるね」 まったくだと、ベルは小さく苦笑した

減ったのがその数値ならば、文字情報だけできっと一ギガバイト程度はあるのだろう

読むだけでも大変な労力だ

あなたも好きかも:花魁ドリーム 主題歌
「様子見だ

あなたも好きかも:スロット アラジン 天井ゲーム数
……いや見極めか

あなたも好きかも:スペイン カジノ
翔花に頼まれてな」「小波に?」 母親だが、対外的には姓で呼ぶようにしている

――いや、するようにした、と言った方が正確か

「前の帰宅で思うところがあったんだろう

――あの女のやり方は巧妙だ

数ある中からピンポイントで俺を選択してきやがった上、ブルーの後押し