パチンコ カード 忘れ

パチンコ カード 忘れ

「さっきみたいに叱れる人がとる作戦じゃねえよな?」「痛いところをついてくるね、少年

言い訳に聞こえるだろうが、その通りだよ

私が建てた作戦ではない

あなたも好きかも:ガルパン スロット 初代 評価
ディーガルが建てた作戦なんだ……」 まあジード達はお察しと内心考える

あなたも好きかも:ウルトラマン aタイプ スロット 設置店
 ディーガルの亜人種に対する憎悪は半端ではないことは、情報を集めていてもわかっていたこと

 こんな肉体的にも精神的にも追い詰めていく作戦概要をこの人が建てるとは考えにくい

「しかしまあ天空城の件があるから、我々は割り切ることができるが、それでもやり過ぎのように感じる

しかも、わかっていながらそれを指摘することもできない

……まったく情けない限りだ」 嘘っけのない、後悔の念のこもった言葉だった

 あの炎の中を通り抜けてでも、ここへ来た理由はそのあたりもあるのかもしれない

 憎悪に染まった同胞のための行動が、これしか思いつかなかった様子だ

「……中々難しい問題ですよね

私の周りにはそういう人は少ないので、貴方のお気持ちはわかりづらいですが……」「冒険者なのでしょう? そういった集まりなのでは?」「そういう人も勿論いますが、冒険者特有の雰囲気といいますか、そういう心を痛めた人間の寄り添い方が上手い人が多くて

あなたも好きかも:忍者ハットリくん パチンコ遊タイム
かく言う自分も魔物に家族を殺された身でしたが、皆が暖かく迎えてくれました……」 その会話を聞いているエルフ達は震えが止まっていた

「人の暖かさですかね

本当に救われる想いでしたよ

貴方はそれをしっかりわかる方だと思いますよ」 エルフ達に向かって、ニコッと笑う