パチンコ アムディ 新潟

パチンコ アムディ 新潟

 そこで、技術者の連中は転生者の弱点を調べるために人体実験をする事にしたらしい

シュタージのエージェントが世界中に潜入して転生者の情報を手に入れ、武装した兵士たちが転生者を”適度に”負傷させてからタンプル搭まで連れてくるのだ

 けれども敵の”殲滅”ばかりを経験していた兵士たちは、”適度に”負傷させるという加減が分からないようだった

五体満足の転生者もいるが、中には少しばかりやり過ぎてしまったのか、腕や足が捥ぎ取られた状態の転生者が運ばれてくることもある

 目の前のモニターに映し出されている転生者にも、左足がなかった

傍らにはその転生者が持っていたと思われる灰色の端末が置かれており、自分の持ち主が縛り付けられている金属製の椅子を青い光で照らしているのが見える

 どうして没収した端末をわざわざすぐ近くに置くのかと言うと、転生者が本来のステータスを維持できる状態で実験しなければ意味がなくなってしまうからだ

タクヤのようなタイプ(第二世代型)の転生者は完全に克服しているけれど、第一世代型の転生者は”端末から離れ過ぎるとステータスが急激に低下する”という弱点があるのである

 残ったもう片方の足と両腕を椅子に縛り付けられた転生者の姿を見つめながら、近くで黄色いスイッチに手を近づけている技術者に合図を送る

あなたも好きかも:稲田堤 パチンコ 事件
技術者はまるでこれから遊びに行く子供のように楽しそうに笑うと、目の前にある黄色いスイッチを覆っていたガラスのカバーを外し、そのスイッチを押した

あなたも好きかも:パチスロ 小役カウンター
『おい、ここから出せ! くそ、てめえら皆殺しにしてやる…………よくも俺の足を―――――――ゴホッ!?』 転生者の周囲に、黄色い煙が漂い始める

その煙たちが椅子に縛られている転生者を取り囲んだかと思うと、椅子に座っていた転生者が急に咳き込み始めた

あなたも好きかも:パチスロ バイオハザード 朝一
 もちろんあの黄色い煙はただの煙ではない

かつて第一次世界大戦で猛威を振るったマスタードガスだ

 前世の世界では条約によって使う事ができなくなった兵器だが、この異世界ではそのような条約が存在しないので好きなだけ使えるのである

とはいっても乱用すれば非常に危険なので、実戦で使用する際は円卓の騎士全員の承認が必要になっているが

「同志ケーター、あの転生者のレベルは104だそうです」「ふむ…………俺の4分の1じゃないか」 ちなみにタクヤの奴は、転生者を狩り過ぎたせいでもうレベルが4000を超えているらしい

 できればもっとレベルの高い転生者を実験に使いたかったな、と思っていると、画面の向こうで苦しんでいる転生者が口から血を吐き出し、まるで首を絞められているかのような呻き声を発し始めた

やがて身体中の皮膚が爛れ始め、手足を縛られているにもかかわらずもがき始める