バイオレボリューション スロット

バイオレボリューション スロット

 それだけ過酷な戦場だったということであり、戦い抜き、生き延びることができたものは、生の実感と尊さを身にしみて理解したものだろう

 シーラ自身、あの戦場を生き延びたということに猛烈な感動を覚えている

「では、姫様」「ああ、帰ろう」 シーラは侍女に促されて、王都バンドールの城門へ向かった

王都バンドールもまた、大陸の都市の例にもれず、強固で分厚い城壁に囲われている

この巨大な城壁こそが皇魔と人間の世界を区別する手段であり、互いに干渉せず、平和に暮らすための数少ない方策だった

しかし、そんな城壁も、魔王に支配された皇魔たちの前では無力に等しく、いかに野生の皇魔が人間を見逃しているのか、よくわかるというものだろう

 城壁には、アバードの紋章が記された幕が垂れ下がっている

白地にふたつの黒い流れ星という紋章は、建国神話でいうところのアバードの守り神ユラハとタウルである

あなたも好きかも:パチンコ 勝て な すぎ
この双子の守り神が流れ星となって空から落ちてきたのがアバードの始まりといわれており、アバード王家はユラハとタウルの祝福によって護られていると信じられていた

 シーラの白髪はタウルの血筋であることの証明だといわれており、彼女の弟にして王子であるセイルが黒髪なのはユラハの血も引いているからだという

つまり、アバード王家は双子の守り神の子孫だということだ

あなたも好きかも:パチンコ エキサイト ジャック
 そんなことを考えながら馬を進めていると、重装の門兵たちがシーラたちの進路を塞いだ