パチンコ ニューヨーカー

パチンコ ニューヨーカー

そんな怠惰な判決を求めて日を改めたわけでは無い!」 フリードさんの大きな手がマーリンさんの胸ぐらをぐわっと掴み上げ、その小柄な身体は簡単に宙吊りになった

でも、マーリンさんは怯む様子も無く、真っ直ぐにフリードさんを睨み付けていた

「——悪いけど、そんな役目を受けた覚えは無いよ

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ 入賞時
たとえお前がどれだけ衰えようと、オックスがどれだけ成長しようと

あなたも好きかも:pachinko book genre
ふたりと一緒に行くのはお前だ、フリード」「————っ!」 マーリンさんの言葉に、フリードさんはドンと突き飛ばす様に彼女を解放した

よろめきながらも彼の前に立ったまま、マーリンさんは目を逸らすこと無く乱れたローブと髪を整える

でも、フリードさんはなんだか目を背けてしまって……「——ふざけるな——か

それはこっちのセリフだ

あの日だけじゃない、今だってそうだ

オックスが声を上げて、その強さを見せ付けられて

自分よりもより強い意志を前にして——」——お前——安心しただろ——

その言葉が耳に届いて、フリードさんは慌ててマーリンさんの方を振り向いた

あなたも好きかも:スロット 鶴ヶ峰 イベント
でも……でも、その人の冷たい目線にたじろいで、あろうことか英雄フリードが、もうなんの力も持ってないただの女性を前に後退りしたのだった