はるちゃん パチンコ

はるちゃん パチンコ

西の竜の里ラグナの長『金翼竜妃クロフェ』の補佐にして、蒼焔のアオとも呼ばれておられる青竜でもある』「つまり竜なのよ

この方たちはね」 続いたルイーズの言葉に、風音には目をパチクリとするが確かに先ほど感じた気配は竜ほどの巨体が人に凝縮されたものと考えれば納得できた

「青竜というとカザネのお仲間ですね」 ジークの言葉に風音が「うっ」となった

風音は他のメンバー同様にジークにも魔物からスキルを手に入れられることは軽く話はしていたが、あまり大っぴらに手の内をさらすものでもないということまでの説明はしてはいなかった

あなたも好きかも:はずせ スロット
これは風音のスキルに限った話ではないが、実力のある冒険者は安易に自身の能力をさらしたり自慢を行ったりはしないものである

特に利用価値の高いものは出来うる限り自分と身内にとどめておかないと利用されるか奪われるか疎まれて殺されることもある

「ほお、私のお仲間ですか」 そしてアオの視線にも風音はビクッとなった

あなたも好きかも:せいや スロット 中段チェリー
齢は既に千年に近い古竜の域に入るアオの圧力に風音の『直感』がビリビリと反応していた

その様子を見ていたゆっこ姉が咎めるようにアオに視線を送る

まさかそこまで過敏になられるとは思っていませんでしたので」 ゆっこ姉の視線に気付いたアオが頭を下げた

「え?」 風音がハッとすると、自分と周囲の空気の違いに気付いた

 剣と杖こそ握ってはいないものの風音の意識はこの場において『人』の中ではただ一人、戦闘態勢に入っていたのである

あなたも好きかも:ヤマフジ パチンコ店
「ああ、ごめんなさい」 さすがの風音も自分の非礼を詫びる

頭の中で組み立てられたアオへの攻撃の計画を思えば自分の気配と思考は明らかに敵対行為へと入っていた

「なんだ、つまらん」 横にいたアカが腰の剣に掛けられた手を下ろす

「……アカ、あなたね」 アオが呆れたようにアカを見た