伊東市 パチンコ

伊東市 パチンコ

是非にここで争わないで欲しいので、ネアはとっておきの甘い微笑みを向けた

あなたも好きかも:萌萌大戦 パチンコ
「ディノだって、いつでも注文してくれれば良いのです

私の作れる範囲のものならば、大事な魔物の為に幾らでも作ってあげますよ」「………でも、君はいつも食べたことのないものを作ってくれるし…」「ディノは、グヤーシュが大好きですしね」「ピザも美味しかったよ」「ふふ、また作りましょうね」ピザ作りのときは、上のトッピングを共同作業したので、ディノは楽しかったようだ

あなたも好きかも:zガンダム スロット フリーズ
最初は手間取っていたが、すぐに上手に食べれるようになりはふはふと幸せそうに食べていた

「ピザ………」少し悔しそうにノアが呟き、ディノは溜飲を下げたようだ

とは言え今日は、ノアのご要望の少し大人向けのミートボールだ

(お酒の風味のあるスパイスの効いたクリームソースと、野葡萄のジャムを添えたやつ!)悪夢の気配はひやりと爪先から冷えてくるので、ウォッカの入ったソースで体を温めることも出来る素敵な料理だ

使うスパイスはウィリアムがくれたもので、質の良いものを状態保存の魔術がかけてあるのでとても香りがいい

やがて、くつくつとソースが煮えていい香りがしてくると、魔物達がもそもそと寄って来て目をキラキラさせている

ディノはともかく、ノアであれば手料理くらい食べ慣れている筈なのでネアは首を傾げた

「ノア、手料理は初めてではないですよね?」「うん

一緒に暮らしていた子もいたから、よく食べてたよ」「では、どうしてはしゃいでしまうのでしょう?」「ネアが作るからだと思うな

だって、あんまり作ってくれる感じじゃないし」「ネアはよく作ってくれるよ?」「あら、お料理は嫌いじゃないので、ディノにはよく作ってますよ?ただ、リーエンベルクのお料理は美味しいので、こちらで作るのは趣味のお料理や、夜食が多いでしょうか」「僕、…………惚気られてるのかな?」白いお皿にミートボールのクリームソース煮込みを乗せ、野葡萄のジャムを添える

一緒にいただくのは古典的な白い蒸しパンで、これをソースに浸しながらいただくのだ