パチンコ がちゃぽん上牧

パチンコ がちゃぽん上牧

どうぞ宜しく御願いします」「……っ」 その名前は、またもや驚きの表情に変化するのに十分なものだった

 ──"アルテミス"とは、オリュンポス十二神の一角にして月の女神を謳われる処女神だ

 元々は野山や森の女神であり様々な動物と関わりがあったと謂われており、その反面疫病や死とも関係していた

 だがその死は苦痛から免れる為の死であり、加えて狩猟を司る女神であり遠矢が得意だったとされる

あなたも好きかも:ファフナー やめどき スロット
 純潔と狩猟を司る月の女神、それがアルテミスだ

 アルテミス

その名を知ったライたちは何とか平静を保つが、内心ではとても平静を保てなかった

あなたも好きかも:艦隊これくしょん パチスロ
それなら気配に気付けなかったのも頷ける実力者である

 しかしその事に気付いていないのか、気付いているが敢えて気にしていないのか分からないが、視線を戻したアルテミスが言葉を続ける

「この場所は良い場所です

人は少なく、心地好い風が吹く……

仕事に疲れた身体を心身共に癒してくれる絶好の場所ですよ」 その言葉と共に一迅の風が吹き抜け、アルテミスの美麗な青髪を揺らす

 先程からずっと月を見ているが、それは自分が月の女神だからなのだろうか

 だがこの街に来る前、国境の街近隣の森で同じく月の女神の異名を持つステンノーやエウリュアレーと出会ったが、月の女神が何人居るのか気になるところである

 しかし元より多くの神々が集うこの世界に置いてそれを気にするのは無粋な事だろう

同一視される神々や同じものを司る神は多い

何故かは分からないが、そういうものだと割り切るのがこの世界に生まれた者に課せられた性《さが》である