akb スロット 薔薇の儀式

akb スロット 薔薇の儀式

という程では無いが、取り敢えず外に出るのは傘を差しても体力を消耗するのでこの空間でのんびりする方が体力回復的な意味で丁度良いのだ

「そうか

じゃ、ちょっと行ってくる」 ライはそれだけ言い、土魔術の外へ一歩踏み込んだ

「……っと……」 ビュウ

ライが外に出ると同時に、ほんの少しだけ強い風が吹き抜ける

 それによって煽られ、思わず顔を覆うライ

あなたも好きかも:初代マクロスf スロット 設置店
 その風は冷たく、少しの水気を含んでいた

 それが吹き抜けると同時にライの口や喉に冷気が入り、体内を急激に冷やす

あなたも好きかも:横浜 カジノ 反対 署名
 ライの肌に冷たい感覚が伝わり、服の上からでも寒さがハッキリと分かった

「……」 そして、そんなライの視線の先には目映《まばゆ》い白銀の世界が広がっていた

 たまに吹く少し強めの風によってまだ固まっていない雪が舞い、その風がライの髪を揺らす

「……眩しかった理由は積もった雪に日光が反射したからか……」 額に手を当て、眩しさ故に目を細目ながら呟くライ

あなたも好きかも:大森海岸 パチンコ メッセ
 天候はすっかり回復し、今は快晴の青空がライを見下ろす