パチスロ 忍たま

パチスロ 忍たま

こちらに……カケル殿はいらっしゃいますか?」 ずっと全力で走ってきたのだろう

息が整うのを待つ間も惜しい、そんな様子のアベルを見て嫌な予感に襲われる

「俺がカケルだ

アベルさん、何があった?」「……エスペランサが魔物の大群に襲われた

セレス団長は、砦を救うため、すでに砦に向かわれた

このままでは、団長が……頼む、カケル殿、団長を、砦を助けてください……」

あなたも好きかも:スロット 再プレイ 上限
魔物が跳ね上げる土煙や、咆哮が響き渡る血みどろの大地

 無数の死体を足場に、新たな魔物が這い上がってくる

一体どれほどの時間戦い続けているのだろう

3時間? いや、30分しか経っていないかもしれない

あなたも好きかも:鉾田 レイト パチンコ
徐々に時間の感覚が麻痺して行く

あなたも好きかも:ニンジャガイデン パチスロ
「サクラ様、北門が破壊されました」「わかった、大樹生成!」 破壊された壁や門は、大樹によってすぐに修復されるが、いつかは突破される

積み重なった魔物の死体が足場となり、徐々に侵入が容易になってきているのだ

 「いいか、私が時間を稼ぐ、魔法部隊は、死体処理の準備を始めろ」 大樹生成で、砦から少し離れた位置にぐるりと大樹の壁を生成する

少しの間、外から魔物が入ってくるのを防げるだろう

 魔法部隊が、魔物の死体を火魔法で焼き尽くし、土魔法で作った穴に埋めていく

「しっかり休憩しながら、交代で戦うんだ

この調子なら、援軍が到着するまで持ちこたえられるぞ」 疲労は蓄積しているが、気持ちは折れていない

実際、私の樹木魔法があれば、守るだけなら何とかなる