ピンボール ビデオゲーム

ピンボール ビデオゲーム

 ここまで、色々な人たちが『想起』されて、僕を助けてくれた

 全員が出揃って行ったと言っていい

 いまならば、もう『彼女』を見ても大丈夫だ

あなたも好きかも:リゼロ スロット ゼロかラッシュマックス
「分かってる

あなたも好きかも:ブックメーカー 入金
僕も、独りじゃなかったんだ

ラスティアラ(・・・・・・)……」 名前を呼びながら、隣を向く

 『狭窄』に見せられるのではなく、確かな自分の意思で見た

 ――その視線の先には、ずっといてくれた『彼女』

 膝を突いている僕の隣

 100層の浅瀬の上に、いつもの白い服を纏ったラスティアラが、可愛らしく体育座りしていた

 『彼女』の姿を瞳の中に納めたとき、視線が固まって動かせなくなる

 それほどまでに、ラスティアラの横顔は綺麗だった

あなたも好きかも:パチンコ リニューアルオープン 愛知
 白金の長髪が滑らかに流れ垂れて、浅瀬に少し浸かって輝いている

ここまで白虹の魔力光を褒めに褒め抜いたが、彼女はそれを単独で軽く上回っていた

 本当に神秘的だ

白金の睫毛は細く長く、その双眸は幻想的な黄金一色

傾国どころか、傾界の美しさだろう

僕の全身に高熱が駆け巡って、産毛が逆立ち、その奥の血管全てが痺れていく