東京都 カジノ

東京都 カジノ

 また「もし異世界に転生したら」「もし異世界に転移したら」という「異世界転生ファンタジー」「異世界転移ファンタジー」は、小説投稿サイト『小説家になろう』において単独ジャンルとなるほど数多く投稿されています

 そこから紙の書籍が山のように生まれているのです

「転生if/転移if」は現在最も読まれている「if」だと言えます

「転生if」「転移if」が優秀なのは「異世界にたどり着いた主人公から見れば、見るもの聞くものすべてが珍奇なもの」だという点です

 つまり主人公の一人称視点で語られる場合、主人公が見る順番、聞く順番、感じる順番などで世界観を説明できます

 ただの「異世界ファンタジー」の場合、世界観を説明するのに案外苦労するのです

あなたも好きかも:ルパン パチンコ マモー 保留
 主人公が異世界の住人であるため、主人公にとって当たり前のことをいちいち説明していくところに無理が生じやすい

あなたも好きかも:吉田の パチンコ
 その点「転生」『転移」は主人公が異世界についての予備知識を持ちません

 読み手の立場と同じだということです

 だから異世界の設定を、主人公を通じて読み手に滞ることなく読ませることができます

 初心者の書き手でも比較的書きやすいのが「転生if」「転移if」なのです

「歴史if」としては「もし織田信長が本能寺で死んでいなかったら」「もし織田信長が女だったら」「もし織田信長が比叡山焼き討ちを行なわなかったら」など、戦国時代の覇王・織田信長が最も題材になっています

 これらはゲームの光栄(現コーエーテクモゲームス)『信長の野望』に端を発していると見てよいでしょう

それ以前にも「もし織田信長が△△だったら」という小説はあったかもしれませんが、目立つようになったのは『信長の野望』発売以降です

 日本の「歴史if」では幕末を題材にしたものも数多くあります

とくに坂本龍馬は薩長同盟を手引きした人物として題材にしやすく、小説でもさまざまな「if」が作られているのです

中でも司馬遼太郎氏『竜馬がゆく』、マンガの武田鉄矢氏&小山ゆう氏『おーい!竜馬』などが有名でしょうか