岐阜 レトロ ミュージアム パチンコ 台

岐阜 レトロ ミュージアム パチンコ 台

私は相田未奈子《あいだみなこ》

相方の“あい”に、田んぼの“た”

未来の“み”に、奈良の“な”の子

あなたも好きかも:パチンコ 貞子vs伽椰子 評価
ミナって呼んでください」 にっこりと丁寧に説明されて、優樹は「……ふふっ」と笑った

「私は、優しいに、樹海のジュ、で、優樹

そのまま、優樹って呼んでください」「優樹ちゃんですね

……、年いくつ?」「……、同い年だと思います

高校二年生」「……

中学生やぁ思いました」と、申し訳なく笑われて、「……よく言われるんで大丈夫です」と、ガックリと頭を落とす

 二人で苦笑しつつ、未奈子は肩から掛けている鞄を持ち直して「そっかぁ」とため息を吐いた

「一平、用事かぁ……

突然やったから仕方ないですねぇー」 少し残念そうな呟きに内心ドキッとしつつ、優樹は空気を変えようと笑顔を向けた

あなたも好きかも:パチンコ 八億
「あの……、ミナさんって」 「ミナでいいですよ」と、にっこりと笑われたが、照れるように少し目を逸らし、改めて見上げた

「ミナ……ちゃんって、……関西弁?」「大阪ですからね」「じゃあ気軽にしゃべっていいですよ

一平君も関西弁しかしゃべらないし

慣れてるから」 笑顔で促すと、未奈子はキョトンとし、間を置いて笑みを溢した