ことぶき パチンコ 谷在家

ことぶき パチンコ 谷在家

あと二分くらいで空間移動だ

とにかく集中を切らさないようにひたすら青い炎で皆を包んでそしてバウジャミルがツインテールの頭を出している寝袋を抱えたまま、密室内をバウンドし続けているといきなり青い炎ごと、真っ白な光に包まれていく

「あ、始まったみたいだねー」嬉しそうにバウジャミルが言ってくる

予定通り空間移動が開始されたようだ

あなたも好きかも:守山区 パチンコ イベント
俺は気を散らさないようにし続ける

あなたも好きかも:仮想通貨 オンラインゲーム
一切、疑念は捨ててマイカとアルデハイトを信じよう

大丈夫だ

今のところ、上手くいっている

あなたも好きかも:dice 取材 スロット
俺たちは完全に真っ白な光に包まれた

……次に気づいたら、切り開かれた小高い山の高台に全員で移動していた

待っ昼間である

辺りは確かに惑星内だ

重力も酸素もある

ホッとして青い炎を消すと真っ白なローブ姿のバウジャミルが寝袋から飛び出してきて空を右腕を伸ばして指さす

「あっ、あれ……もしかして……僕の身体の……」俺もゆっくりと空を見上げると遠い空に二つの並んだ漆黒の渦のようなものが回転していてその渦は、虹色の輝きを放った大気を渦の中へとゆっくりと巻き込むように吸い込んでいっていた

「まっ、ママがむかし言ってた…… 共鳴粒子を本当の本当に極限まで爆発させると すっごい吸い込む力の強い渦みたいになるって……」「あれは……」いや、俺も当り前だが実物は見たことはないし本物はまったく違うのかもしれないがパウジャミルの言葉とさらにあの漆黒の二つの渦から連想するのはブラックホールしかない