スロット 戦律のストラタス

スロット 戦律のストラタス

あなたも好きかも:楽園 ぱちんこ 西淀川
("穴堀"に関しては力を使うのが主だから、前王妃と法王様はグロリオーサ国王に賭けたという事なのか?)(しかし、この平定の英雄達は単純そうに見えていて、そうではない"仕掛け"みたいな、一筋縄ではいかないような物もあるような気もする)頭の中で考えを繰り広げて出しておきながら、直ぐにそれを己で否定する

どうしても、結構な"裏"がありそうだとチューベローズは身構えて考えてしまう

ただ"裏"という表現方法のニュアンスが、宰相の中ではしっくりこない

余りにも身構えて考えている男を見た国王は、軽く手助けを口にする

『ああ、ちなみにアングレカムは農家の次男坊だったから、穴堀や野良作業は英雄の中じゃ断トツに巧かったぞ

ふんぞり返って威張って指示するだけの長男に代わって、率先して畑耕してからな

そして俺はガキの時分はアングレカムと遊ぶ為には、アイツの農家の仕事が終わらないと遊べんかったから、よく手伝いはしたが、やっぱりあいつには敵わんかった

まあ、農家で次男坊だったから、アイツの親も、金であっさり決起軍への引き抜きを了承してくれた事もあるんだがな』("グロリオーサ"という人物にしては、偉く遠回りな説明をなさる事だ)遠回しには感じるが、国王からの助言を有り難く拝聴して、とりあえず固く"身構える"のをチューベローズは止めた

"穴堀の技術ではグロリオーサはアングレカムに勝てない"玉座に座る王は、チューベローズの中に雑多とある答えの1つを先に"潰してくれた"

あなたも好きかも:スロット 破産確率
消去法で物事を考えるチューベローズには、選択肢を減らされたと考えるよりは、グロリオーサの言葉は"無駄な考えを削ぎ落として貰った"と受けとる

あなたも好きかも:パチンコ opa 荻窪
(さて、それでは考えられるのは"王妃トレニアも法王バロータも、国王グロリオーサが宰相アングレカムに敗北する事が濃厚な"賭事"でも、"負ける方"に賭けたかった"という事になるのかな)(負ける方に賭けるとしたのなら、"グロリオーサが負けた方が、トレニアとバロータには都合が良かった"と普通に考えるのが妥当…)そこまで"普通"に考え時には、チューベローズの思考に自然とブレーキがかかる

("都合が良かった"という表現

これは王妃トレニアと法王バロータを知っている者として、2人を表現するのに似つかわしくないか…)"悪魔の宰相"を引き立てるという訳ではないのだろうが、アングレカムが宰相となった平定後

容赦なく暗愚時代の腐敗した政治の"根元"となっていたであろう為政者たちをアングレカムが処断していた傍らで、王妃にしても法王にしても、思慮深く優しさに満ちた活動を行っていた

例えるのなら国王と宰相が"鞭"といった具合で活動していたのなら、王妃と法王は"甘すぎない飴"といった感じであろうか

ただ甘さを控えようとはしているのだが、鞭のアングレカムとグロリオーサの2人が強烈過ぎる為か