海物語2 スロット シークレット

海物語2 スロット シークレット

夏至祭はじっくり楽しみたい祝祭の一つなので、その楽しみを奪われたら荒れ狂うしかない

「夏至祭の夜に、何者かに殺されるそうです」間近にある魔物の目が、ふつりと揺れた

あなたも好きかも:vプリカ 3000円
小さな恐怖と、苦痛と、微笑んでいても身が削ぎ落とされそうな魔物らしい怒りと

あなたも好きかも:苫小牧 パチンコ バイト
ふと、ネアは、この軋むような静かな怒りが、自分に向いたものではないような気がした

「…………そうか

だから春告げの祝福が必要だと考えたんだね

………ところで、その魔物はどうしたのだろう?」「アルテアさんが、片手でくしゃっとやり、お亡くなりになりました

今は羽根飾りに戻っています」「それは残念だな

君を怖がらせたのだから、是非に会っておきたかった」「…………あやつ的には、握り潰された方が幸せだった気がしますね」「それから、心配しなくていいからね」「…………ディノ?」事情がわかって少し落ち着いたのか、いつもの魔物らしく柔らかな微笑みを浮かべたディノが、もう一度頭を撫でてくれた

「魔物の系譜の呪いだから、すぐに剥ぎ取ってあげるよ

ごめんね、すぐに迎えに来れなくて」「…………そんなことが出来るのですか?」「勿論だ

これは理に関わる呪いではないし、階位的にはすぐに無効化出来るものなんだよ」「………それは、ディノだから出来ることなのでしょうか?」「いや、ある程度の階位のある魔物なら誰でも出来るよ

…………ネア?」「………アルテアさん、確信犯ですね!」虐められたことに気付いたネアが振り返って睨みつければ、熱帯雨林の中にあっても美しい、………ただし、服装は若干微妙な選択の魔物は満腹の猫のように艶やかに微笑んだ

「ま、俺も得るものがないとな」「ディノ!変な靴の魔物さんが、陰湿な虐めをしました!」「ネア、……もしかして、この呪いがすぐに解けると教えて貰えなかったのかい?」足をジタバタさせて怒りを表現したご主人様を、魔物は困ったように抱き直して宥める

「そのせいで、求婚にも使われるという言葉を言う羽目になりました!」「…………求婚?」じたばたするご主人様が可愛いと少しだけ嬉しそうにしていた魔物が、その一言で凍りついた