十字架3 パチスロ

十字架3 パチスロ

紫月、射手市は都鳥の土地だ

何か話は聞いているかね?」「なんもだ

あなたも好きかも:櫻 スロット
涼さんとは連絡取れへんの?」「いや、してもいないしするつもりもないが……少なくとも私への連絡はきていない」「どがいしちゅう」「変異化に対して武術家が一つでは対抗できんと、東京事変で十六夜(いざよい)が証明している

いくら都鳥でも逃げか、防衛で手一杯だろう」「手伝いにも呼ばれてねえべや」「それは幸運なことだと思っておきたまえ

いや、あるいは手を貸せるものなどない状況かもしれん――と、すまん

着信だ」 震える携帯端末を取り出すが、ディスプレイに表示された番号は登録されていない、また咲真の記憶にはないものだった

 この状況下ならば無視するわけにもいくまい

「どちら様かね」 だから少し威圧するように、そんな言葉を投げた

朝食は終えて紅茶を飲んでおり、すぐに紫月が片づけを始める

あなたも好きかも:カジノ スロット 機種
『――』 相手は、僅かな驚きに似た沈黙を置いてから失笑した

あなたも好きかも:パチンコ リニューアルオープン 勝てる
『おいおい、以前と同じ対応よな

ちッたァ学べよ』「蓮華かね? 見知らぬ番号だったのでな」『この状況で誰から連絡が入るッてのよ

まァ秘匿回線(エンコードライン)、あちこちたらい回しにしてるから見知らなくて当然なのよな、これが』「忙しないようだが?」『俺ァようやく野雨を目前ッてところよ

徒歩の帰宅でな、この時間になっても公共交通機関はこぞッて混乱に乗じた人員の増加ッてよ

そのくらい予想つくだろーが』「ほう、では何か企んでいるのかね?」『人聞きが悪ィよな

俺の企みなんてのは、存外に小せェッてよ

そっち、状況はどこまで把握してンだ』「鷺ノ宮、二箇所の変異化程度ならば既にニュースで流れている」『はあん……ま、そうよな

うるさいッたらありゃしねェよ』 言葉と共に背後の喧騒が聞こえる