パチンコ 筑後市

パチンコ 筑後市

ここのロブロウという領地で踏み躙ってきた、"子供"から、やり返される屈辱を与える為

「「相子だとかで済まされるものじゃないけれど、ここらへんでいいかな

シュト君とアルス君に緊張を張りなおして貰いましょうかね、頼むよ、カエル」」「ゲコ」《―――兄さんの器に、これ以上無理をさせないでよ》使い魔の一言は聞き流しながら、癖っ毛の上にいる蟇を通じ、指揮者はルイの眼を通して再び銃を構え直そうとしている少年達を一瞥した

あなたも好きかも:ぱちんこ 0.1
《さて、大分この泥蛇も"どうして自分がこんなに怒っているのか"、判らない状態になってきた

エリファスさんに執着している理由も、怒りでもって判らなくなっている

だから、その銃で断ち切ろうと思う

私が曲刀で斬りつけて、ロック君―――ロックさんが、エリファスさんの元に走り出したら、泥蛇の"尻尾"に向かって銃を撃ってくれ》シュトの頭に、ネェツアークの声だけが、そう響いた

あなたも好きかも:おっくん スロット
―――やれやれ、私も門外漢だが、ロックも大概だなぁ

アプリコット様の元へと、走って行ってしまったエリファスさんを見送った後

恐らくは、私と女の子のやり取りを全て見ていた旦那様が、旧領主亭の物陰から現れる

悪戯をする時の様に完璧に気配を消していたので、全く気が付いてはいなかったけれど、"慣れて"もいる状態だった

ただ振り返ったなら、今度は意外な方が一緒にいらしていて、私はそちらの方に大きく驚いてしまう

―――俺は保護者としは、嬉しいようなでも残念というか、複雑な気分だ

驚かせたのは、旦那様と同じくらい背の高い首に赤いスカーフを巻いた、この領地にやってくるキャラバンに用心棒として雇われている傭兵の方

そして、私が先ほど見送った女の子の、保護者でもある

走って行ってしまった"弟子"としている女の子と、私を見比べると、鼻から少しだけ息を出して―――"相手"としては、本当にロック君は最適だと、保護者としても思うんだけれどなぁダメだったか

そう言って、傭兵の、"銃の兄弟"という通り名を持っているジュリアン・ザヘト様は、長い腕を胸の前で組んでがっくり頭(こうべ)を垂れてしまわれた