パチンコ 電磁石

パチンコ 電磁石

 しばし沈黙して

 チゼルは深呼吸する

「面白くない旅だ」『別に良い』「僕は何もしないよ」『ご飯さえくれれば』「……まあ、強い武器が伴(とも)になるなら」 チゼルが手を差し出す

あなたも好きかも:まどマギ スロット 子役
「これからよしなに頼むよ」『ん』 レインが応えて手を伸ばす

 二人の手が結ばれた瞬間、レインの体が発光し、再び剣の姿へと変わった

 チゼルの手に収まる

 ずっしりと腕にかかる負担(じゅうりょう)

あなたも好きかも:パチンコ店 外国人 雇用
 顔をしかめつつ軽く振る

あなたも好きかも:車 スロット
「使いこなすのに時間がかかるね」 剣身を厚く包帯で巻き、背中に吊る

 チゼルはしっかりと重みを確かめた

「それじゃ、行くかね」『ん』 第六層からチゼルは出る

 その日、人知れず魔剣は消えた

 それから一年間

 チゼルと魔剣の旅は始まった