獅子面病 ブラックジャック

獅子面病 ブラックジャック

何の為の護衛、側近だ」 ウィルクとハーディスがお任せをとばかりに、オリヴァーンに一礼

「わかりました

あなたも好きかも:ふくや パチンコ
どうかお気をつけて……」「お前もな

頼むぞ」「は!」 オリヴァーンは早急に騎士達へ指示を送ると、ここに赴いた客人を連れて避難を始めた

「さて、この状況……どう考えても狙ったものだな」「はい、恐らくは……」 建国祭の日時やイベント内容などは、ほとんど誰でもわかるようになっていたため、これほどの大規模作戦も結構出来ることは可能であろう

あなたも好きかも:今 一 番 熱い スロット
 しかし、だからこそ入念な入国検査や警備態勢を敷いていたわけだが、「粋なことしてくれますね

あなたも好きかも:パチンコ ハイエナ 朝一
イルミネーションのイベントに見せかける作戦とはね」「まったくだ

お陰で客人達に危機感があまりない

トーチゴーストというのも後押ししてな」「ですが、この素早い判断はさすがね

わたくしの旦那になる方ですから、当然ですが……」 聞き馴染みのあるツンとした声に驚いて振り向くと、ファミアとユーキルの姿があった

「ファミア! お前、オリヴァーンの指示の元、避難させたはずだが……」「お断りしましたわ」「あのな……」「わたくしは貴方の伴侶となる者

側に居てはいけないかしら?」 ファミアが頑固な性格なのも、押しが強い性格なのも理解している

 ここで何を言おうと引かないだろう

 呆れたため息を吐き捨てると、「わかった、好きにしろ

だが、側を離れるなよ」「あら? カッコイイことも言えるのね」「お前なぁ……」 そんな皮肉を交えられたおかげか、張り詰めていた空気が少し緩んだように思える