パチンコ 男 心理

パチンコ 男 心理

「悪くない気分だ」 ウェインは、いつの間にか回転をやめた槍の切っ先をこちらに向けてきた

螺旋を描く漆黒の槍は、ただこちらを貫くために存在している

「さあ、立て

おまえは俺と決着をつける義務がある」

「それはこっちの台詞だ」 言い返すも、セツナは、敵の気勢に飲まれかけている自分に気づいていた

空気が緊迫している

あなたも好きかも:ルルーシュ スロット 目押し
まるで電気でも帯びているかのようにピリピリしている

あなたも好きかも:幕張 パチンコ屋
全身が泡立っているのがわかった

恐ろしいのだ

 目の前にいるものが、もはやただの人間ではなくなってしまったということを認識してしまったから

 ウェインは、漆黒の槍と一体化したといっても過言ではなかった

あなたも好きかも:スペースワールド 跡地 カジノ
失われた身体を槍の能力によって補うのではなく、全身を武装の一部で包み込み、失った部位さえも補完してしまった

黒き矛によって切り落とされたらしい両腕も、黒き異形の腕となって復元してしまった

 彼は、召喚武装そのものとなった

「俺はあんたを倒して、自分の犯した過ちのけじめを付ける!」「はっ」 ウェインが鼻で笑ったかと思うと、彼の姿がセツナの視界から掻き消えた