シト新生 パチンコ 設置店

シト新生 パチンコ 設置店

うーん、でも"シャハル・カラズ"で買った服の方が良いかなぁ……」「このアクセサリー類も可愛いよ♪ 私はネックレスタイプが好きかなぁ……あ、でよブレスレットも良いかも……うーん……」「二人とも……悪魔で情報収集が目的の筈でショッピングは二の次じゃなかったか……

本来の目的を見失っていないよな……」 ライたちが話していた頃、店に入って文化を調べようとしていたレイ、エマ、キュリテだが、その店は予想以上に衣類やアクセサリーが売っていた為、普通の女性であるレイとキュリテはショッピングに夢中だった

 エマはその事に突っ込むが、片手にはエマが気になる小物を持っていた

「アハハー……確かにねー♪ けど、エマお姉さまだってその手鏡持っているじゃない♪」 そしてその事をエマに話すキュリテ

エマは片手に手鏡を持っており、それを指摘したのだ

あなたも好きかも:パチンコ 制限120
 言われたエマは目を細め、手鏡から視線を移してフッと遠くの方を見るように話す

あなたも好きかも:009m2-v パチンコ
「ふふ……

私は鏡に映らないからな……私自身の姿を見た事がないんだ

やはり鏡という物に憧れがあるのさ

……自分の目で見れるのはこの金髪と戦いによってに抉られたり抜けたりする時がある赤い目や、戦いによって砕かれる時がある白い歯……そしてこの白い肌くらいだからな……」 つまり、エマは自分の姿を見た事が無いので姿を写す鏡が気になったと言う

あなたも好きかも:psp パチスロ
 見た事あるのは自分の手で見れる身体の一部と戦闘によって砕け散る身体の一部だけ

「……へ、へえ……それは大変だね、エマお姉さま……特に目と歯が……」「う、うん……

けど、そう言えばエマはヴァンパイアだから鏡や写真に映らないんだっけ……」 しかし目と歯の件《くだり》には若干引いている様子のレイとキュリテ

 姿を見る事が出来ない苦労というものは知らない二人だが、それにしてもエマが行う自身の姿を確認する方法は中々バイオレンスなものである

「ああ、私は謂わば魂の無い存在

死者が意識を持って動いているのと同じものだ

だから己の魂を映し出すという鏡には映らない