喰霊-零 スロット エンディング

喰霊-零 スロット エンディング

するわけないじゃない」 「え……」 「ただの純粋な悪であり闇でしょ?世の中の一般的な構成要素の一つよ

あなたも好きかも:無料 カジノ ボーナス
 きいたことない?強い光はより濃い影を生むって」 「おい

いいのかよ」 「嫌なら但馬が何とかしたらいいんじゃないかな」 「俺が?」 「うん

マルケスとファウェルをコテンパンにして、  ついでに闇の精霊王も屈服させちゃってよ

もう私が手ださなくても それくらいは何とかなるわよ」 「無茶振りしすぎじゃないですかね……そもそも そいつらが、今どうしてるのかも俺には分からないんだが……」 「そんなことより早く結婚しなさいよ

あとナホンにもハネムーンで来てよ

 まってますよー」 「ま、まあそうだけど……」なんで俺がやり込められているのか分からないが タジタジになっていると「じゃあねー

あなたも好きかも:パチンコ 甲子園
頑張ってねー」 美射が手を振って、周囲がブラックアウトしていく

色々とあった割には目覚めは悪くない

隣でタガグロもスヤスヤと寝ている

どのくらい寝たのか良くわからないがとりあえずベッドから起きて、寝室の外へと向かう

リビングのテーブルには大量の果物や、酒などが積み上げられている

狭い窓から外を見ると、どうやら中央山の中央城の東側の大きな塔に接岸と言うと正しいのか分からないが、大いなる翼は浮いたまま、中央城の上空から長いチューブ状のタラップを伸ばし東側の塔へと接続されて居るようだ

空も晴れ渡って居るし、外から眺めたら、めちゃくちゃ壮観だろうな

と思いながらテーブルに積み上げられた果物を幾つか、取り出して皮を剥いて食べる