府中 パチンコ 優良

府中 パチンコ 優良

私達、もうクタクタで……」「寝る……」 アイシア達はあのクルシア達との戦闘の後、軽い事後処理の後に、今後の話し合いをして戻ってきている

 完全に徹夜状態での帰還に、いつも元気なアイシアも目元がしょぼしょぼしている

 ナタルとフェルサが先に寝ると、重い足取りで寮内へ入って行くと、「じゃあ私達もひと眠りしようか」「え、えっと……う、うん」 リュッカはちょっと困ったように返事をした

あなたも好きかも:偽物語 スロット 化物語
 何故困っているかというと、まだ眠るには少しかかりそうだと思ったからだ

「あの……大変お疲れのところ悪いのですが……」「ふわぁ……何? テルサちゃん」「リリアさんはどうかされたのですか?」 テルサが指差す方向には、丸くなって蹲り、リュッカに強くしがみつくリリアの姿があった

「い、痛い

痛いから、リリアちゃん」 しがみつくその手はリュッカの腕に爪を立てるように握っている

 ガクガクブルブルとかなり怯えた様子に、尋常じゃないと、さすがのユーカも揶揄(からか)えずにいた

「あのさ、大丈――」「ひいっ!?」 ユーカが少し近付いただけで、ビュンと草陰に逃げ込んだ

あなたも好きかも:シャドウ ハーツ 2 スロット 十字架
「……さ、さすがに傷つくんだけど……」「す、すみません……」「どうしたんですか? いつものリリアさんとはまるで別人のようですね?」 そう言いながらそっと近付くテルサ

「リリアさん

あなたも好きかも:スロット 中古 ラブ嬢
昨夜、何かあったのですか? 私で良ければ――」 シュバっと再びリュッカの元へ

 すると、「……わ、私、何かしましたか?」 ぐすっと悲しそうな涙目でテルサはショックを受ける

 その様子にアイシアとリュッカも困ったように笑う

「大丈夫だよ、リリアちゃん

みんな優しいから……」「そうだよ! リリアちゃんなら大丈夫!」「学校怖い、学校怖い、学校怖い……」 リリアは念仏でも唱えるように、『学校怖い』を連呼し続ける