パチンコ 小説 感想

パチンコ 小説 感想

 その……私では、たいして役に立たないと思うのですが、少しでもお手伝いしたいです

 幸い、ここでの私は強いみたいなので、力仕事とか、護衛とかなら、お力になれるかなって

あなたも好きかも:fever パチンコ店
 ただ、お世話になるだけなのは嫌なんです!」 神妙な顔で、膝の上で拳を握りしめたサヤが、決意表明のように

 その様子を見て、ギルはまた溜息を吐いた

「そうか……

まぁここは近いって言ってもセイバーンまで半日かかるし、すぐに行ける距離じゃねぇよな……」 長椅子に胡座をかき思案顔

あなたも好きかも:スロット テレビゲーム
男前だからどんな状態でも男前に見える……特だよなぁと思う

 俺なんか二年ほど前まで何やっても女みたいだって言われてた

なんなんだこの差……

あなたも好きかも:アクエリオン スロット 初代 実機
「だけどな……お前ら本気で、サヤを武官に雇うのか? いくら強いって言っても女性だぞ? もし怪我でもして傷が残ってみろ、どう責任を取るつもりだ」 そう言われて、言葉に詰まった

 護衛というのは武官の仕事だ

常に身を盾として俺を守る

 だから第一に危険と向き合うわけで、確かに女性にやらせるようなことではない