ブラックジャック バーストとは

ブラックジャック バーストとは

 経験則で培った感覚を妄信していると見るべきか

「なあ、そいつと話をさせてくれよ

そうすりゃ真っ当に相手してやるからさ、なぁ? 隠れているんだろう?」 ドコラは周囲を見渡している

 ――ここは出るしかないか

 イリアスさんは絶対に前に出るなと念を押していたが、ここで周囲に意識を向けられるのは避けたい

「カラ爺さん、後は頼みます」「おう、気をつけるんじゃぞ」 立ち上がり、草むらを掻き分け広場に姿を現す

 何か物申したそうなイリアスさんを制す

 「逃げずに戦ってくれるんだ、話に付き合うくらいは構わない

何かあれば護ってくれるだろう?」「あ、ああ……」「それに、必要なことだ」 最後の言葉はドコラに聞こえないよう小さく囁く

あなたも好きかも:小柳歩 スロット
 そしてそのままイリアスさんの真横に陣取り、ドコラと向き合う

あなたも好きかも:iphone パチンコ撮影
 ドコラにとってこの会話は時間稼ぎなどではない

自分の好奇心を満足させる為の行為だ

あなたも好きかも:ラック ゲーム機
 それはこちらにとっても必要な事

とはいえ取り繕う相手でもない

 こちらも自由に応対させてもらうとしようじゃないか

「ほぉ、お前がそうなのか? 見たとこ戦えるタイプって感じじゃねぇな」「そうだな