ヴェルブレイブ パチンコ

ヴェルブレイブ パチンコ

異世界生活百四十七日目 場所コンラッセン大平原、能因草子の隠れ家(旧古びた洋館)「……強くなりたいねぇ

まあ、今でも白崎さん達は十分強いと思うんだけど……」 工房に押しかけてきた白崎達の表情は切羽詰まっていた……いや、今でも十分強いんだし、切羽詰まる必要はないと思うんだけどさ

 ……というか、そんなに頑張って一体どこを目指しているんだい? 主人公の向上心というものはよく分からないものだねぇ

あなたも好きかも:パチスロ ドル箱 枚数
「……草子君、あたし達は魔法少女に襲撃された時に何もできなかった……いえ、何もさせてもらえなかったわ」「まあ、相手は超越者(デスペラード)だからね

例え主人公でもラスボスでも超越者(デスペラード)に至っていなければ超越者(デスペラード)には勝てない

……あの場は俺一人で戦った方が効率がいいと思ったからそうやって戦っただけだ」 超越者(デスペラード)という概念は下克上を可能にする

ただの村娘ですらも魔王を一方的に殺せる存在になる……無茶苦茶な境地――それが、超越者(デスペラード)だ

「白崎さん達が考えていることは手に取るように分かるよ

あなたも好きかも:祖師谷大蔵 パチンコ
手っ取り早く超越者(デスペラード)に至りたいってことだよな……いや、主人公さん達は俺みたいなモブキャラがリーダーみたいな位置にいるのが許せないよね

あなたも好きかも:スロット 7の付く日 東京
分かってますよー、今からでもリーダー降りますし……というか、元々リーダーなんて大役はやってはいないと思うけど」「草子君……そういうことじゃないんだよ

私達も草子君の役に立ちたいし、このままお荷物でいたくない……だから、超越者(デスペラード)になりたいんだけど……そんな簡単にはなれないんだよね」 まあ、超越者(デスペラード)ってのはなりたくてなれるものじゃないからな

 超越者(デスペラード)になるためには自らの才能の限界を知り、研鑽を重ねている前提に加え、誰にも譲れないエゴと、自らの死を本当の意味で見つめる覚悟が必要となる

 簡単に言ってしまえば、「このエゴのためなら死んでもいい」というヤンデレじみた強い気持ちと、才能の限界――つまりは限界の鎖の視認が必要となる

 まずは鎖を視認できなければそもそも超越者(デスペラード)には至れないし、鎖を破壊する原動力は「このエゴのためなら死んでもいい」という強い気持ちだから、そのためのエゴと死の覚悟は必須になる

 超越技に関しては魂(エゴ)の形を理解することだが、これは自分の魂の形に直結しているから、自分とはこういう存在であるという自己同一性(アイデンティティ)の認識が重要になる……まあ、こっちはあってもなくても問題ないし(手札は増えるけど)、白崎達は超越者(デスペラード)になることを目指して、そこから超越技を得るか得ないかの選択をすることになるだろう

「とりあえず、純粋な戦闘力をあげるということで武器の方を強化させてもらおっか

ちょうど新しい素材が入ったからね

それから、超越者(デスペラード)になる気があるのなら未使用のポイントを全てステータスに振ってくれ

足りない分は、経験値凝縮薬(EXPポーション)と総合能力向上薬《オールアップ・ドリンク》を飲んでステータスを最大まで……LEVELとSTATUSを99999999まで上げること……また、最初は身体に違和感を覚えるだろうけど、それに慣れてくれば嫌でも限界というものを思い知るだろう……で、そうなれば目を瞑って神経を研ぎ澄ました時に鎖が見えると思うから、それを引き千切ったら超越者(デスペラード)に到達する