中津市 パチンコ イベント

中津市 パチンコ イベント

セツナは、エスクにシーラを任せた

エスクも同意してくれていたのだ

「旦那だけこの迷宮に置いていく訳にはいかないでしょ

それに、そんなことしたら、俺が姫様とこのドラゴンに殺される」「あのなあ……」「それと、来た道とは違う場所から出ようとしていたんでね」「なんでまた?」「ウィンドウ家に面倒をかけたくないし、ウィンドウ家は、センティアの真っ只中

いくら旦那が強くとも、センティアの駐屯軍や騎士団すべてと戦う訳にはいかないでしょ?」「さきもいったけど、戦う意味が無いからな……」「意味があったら?」「俺ひとりなら切り抜けられる」 セツナが断言すると、エスク以下、歴戦の強者揃いであるはずの傭兵たちが息を呑むのがわかった

あなたも好きかも:地獄少女2 パチンコ 保留変化
「さすがは我が主じゃの

あなたも好きかも:ルパン3世 パチスロ
大言壮語もここまでくれば清々しいもの」「おまえにそっくりだろ」「わしがいつそのようなことを豪語したというのじゃ!」「それで、どこから出るんだ?」「さすがに都市の外に通じるような出入り口はないようなので、宿場街に出ますよ

あの宿に戻りますぜ」 エスクは、そう告げてくると、セツナに背を向けた

「話は、とりあえずそれからってことで」 こちらを一瞥したエスクが片目を閉じて笑いかけて来たのが印象的だった

 この状況で笑っていられる肝の据わりようは、さすがは歴戦の猛者というべきなのかもしれない

セツナは、シーラのことを案じながら、動き出した傭兵団の後に続いた

彼女は、地下通路を抜け出すまでの間、セツナの手を離さなかったが、同時に一言も発さなかった

 ラグナばかりが喋っていた

あなたも好きかも:パチンコ 蒼天の拳 天刻 信頼度
 ラグナの饒舌さは、セツナやシーラの服の中に隠れて黙っていなければならなかったことの鬱憤ばらしのようであったが、単純におしゃべりが好きなだけのようでもあった

そんなラグナに構うのはレミルとドーリンばかりだった

 セツナは、彼の話に付き合うよりも、シーラのことばかりを気にしていた

 結局、騎士団の追撃はなかった

 セツナが通路を破壊しまくったことが功を奏したのか、どうか

 ともかく、セツナとシーラは、エスクに導かれるまま地下通路を抜け、センティア東部宿場街に辿り着いた