パチンコ 4号機 復活

パチンコ 4号機 復活

「あんたなんかに優樹はやらないんだからね! まずはかのんが先なの!」「……、馬鹿だろおまえ!!」「うるさい!!」 壁越しに華音と相川のケンカが始まり、生美は「……今のうちよっ」と、優樹を誘ってせっせと素早く体を洗った

ようやく湯船に浸かる頃には華音も諦め掛けていたが、ホッと油断した隙に抱きつかれた優樹は「いやあぁー!!」と悲鳴に近い声を上げ、その度に相川が「死ねー!!」と声を上げ、「うるせえおまえら!!」と立花に怒鳴られた

 騒々しい入浴を終わらせ、温泉から出ると、番頭の女性からギロリと睨まれ、みんなは「す、すみませんでした……」と、肩身の狭い思いをしてスゴスゴとその場を退散する

あなたも好きかも:任天堂 ビデオゲーム
 やって来た時はまだ夕方前だったのが、今ではすっかり辺りは暗くなり、空にも星の姿が浮かんでいる

白い息を吐きながら、「戻ろうか」と、みんなで再び雪道を歩き出した

「めっちゃ睨まれたやんけ」 大介が呆れるような目で華音を見ると、華音は華音で、相川を睨み付けた

あなたも好きかも:パチンコ 激熱外れ
「相川クンがうるさいんだよっ」「おまえだろっ」 相川も負けじと睨むが、華音は「……ふふん」と鼻で笑った

「かのん、優樹のことナマで触ったモンねー」 勝ち誇ったようにツンと顎を上げられた相川は愕然とし、先を歩いていた優樹は「もおー!」と、顔を真っ赤にして華音を振り返り睨んだ

「華音ちゃん変なこと言わないでっ」「触ったもーん

ほんとだもーん」と、華音は手をニギニギさせる

 優樹は顔を赤くしたままで呆れるようにため息を吐いたが、視線を感じて「ん?」と顔を上げると、反町と目が合い、……ボッ、と耳まで赤くした

「ちっ、違うよっ

あなたも好きかも:リング パチスロ エンディング
さっ、触られてないよっ

だっ、抱きつかれただけっ」 焦って弁解する優樹に反町は苦笑した

「華音とは時間をずらした方がいいかも?」「う、うん

……そうかも」 「いやーっ!!」と、華音は半べそを掻くが、「自業自得よ」と、生美にさらりと突き放される

 「ハクシュッ」と、くしゃみのする声が聞こえて、優樹は振り返り、斜め後ろを歩く白川に並んで鼻を擦る顔を見上げた

「……マー君、髪の毛、乾かした?」 どう見ても、白川の髪の毛が濡れているような……