パチンコ モンキーターン ナイターステージ

パチンコ モンキーターン ナイターステージ

 近年、ここまで見事な落ちぶれっぷりもないでしょう

あなたも好きかも:madomagi パチンコ
「カリスマ経営者」が「背任・横領の被告」となったのですから

  まぁ検察に逮捕されるほどインパクトのある落ちぶれっぷりは、異世界ファンタジーでは難しいですね

あなたも好きかも:スロット 100万分の1
 同じような状況を考えると、勇者として世界を救ったのに、帰国すると「真実を知る者」として逮捕拘禁された

といったところでしょうか

あなたも好きかも:パチスロ 下見
ですがこちらは人々に知られては困るものを勇者が知ってしまったから、という正当な理由をつけられます

 でもカルロス・ゴーン被告は、誠実であるべき社長職にありながら、私腹を肥やしていたのです

「カリスマ経営者」は表の仮面であり、裏にある真の顔は「金の亡者」だった

在職中も十数億円と同業他社の社長の十倍近い年俸を受け取っていたと指摘されて、「外国の社長はこのくらいもらっている」と説明していましたけどね

あの時点でカルロス・ゴーン被告を解任できていたら、「背任・横領」は防げていたのでしょうか

 世界を救った勇者は、誰からも見向きされなくなって「こんな世界、救うんじゃなかった」と思って落ちぶれているのかもしれません

 過去は凄かった

でも今はただ酒場に入り浸っている呑兵衛

 第一話ではただ呑んだくれている人物がいて、第二話でその呑んだくれが過去世界を救ったことを書く

でも誰もが忘れてしまって、勇者はちやほやされなくなるのです

 そして第三話で呑んだくれた元勇者が事件に巻き込まれて……

 そうして元勇者は、再び世界を救うために旅立つのです

事件に巻き込まれる 落ちぶれた主人公は、なにをするでもなく日がな一日暮らしています

 それこそ終日飲み屋で呑んだくれているのです