おとめ パチンコ

おとめ パチンコ

あなたも好きかも:バンデットキース スロット
『じゃあ、我らも向かうか』『うむ、幻獣の国(この国)の幹部として、外からの者にばかり良い格好はさせられないからな』『そうですね、私から離れたブラックさんが大丈夫か気になりますが……取り敢えずは大樹に向かいましょう』 次いで向かうのはガルダ、ワイバーン、フェニックスの幻獣の国幹部たち

 この国の問題なので、そこで勤める幹部たちが行かなくては幹部の名が廃《すた》る

それを阻止する為、そして住民の安否が気に掛かるので向かったのだ

「……ハッ……俺はガキかよ……

……じゃあちゃっちゃと俺たち魔族の国の幹部も向かうとするか……アスワド」「ブラックさん……やはり回復を……

あなたも好きかも:貞子vs伽椰子 パチンコ 甘 評価
……いえ……私は何も言いません

……ええ、部下たちという意味ならば、魔族の国の兵士たちも戦っていますからね、心配です

……ではライさん、お先に」 青い顔をしつつ、呼吸を整えながら話すブラック

 フェニックスから離れたのはやはり問題があったらしく見て分かる程に弱っているが、それを尋ねればブラックは否定するだろう

あなたも好きかも:分倍河原 駅前 パチンコ
ライもアスワドも敢えてそれを言わず、奥歯を噛み締めて堪《こら》えていた

「ブラック……かなり体調が悪そうだったな……腹部からは血が染みているし……何時倒れてもおかしくない……注意しておくか……本人は否定するだろうけどな」 最後に残ったライはブラックとアスワドを見送りつつ、ブラックの様子が気になった

 回復すれば済むのだが、頑《かたく》なに回復しない雰囲気のブラックが気になっていたのだ

 何に対してそこまでの意地を見せるのか、全く分からなかった

【クク、プライドってやつだな

お前も魔族の男なら分かる筈だ

戦闘好きで素直な魔族だが、プライドはかなりあるからな

お前も含め】(プライドか……

まあ、確かに俺に無いって言ったら嘘になるな