世界でいちばん強くなりたい スロット 天井期待値

世界でいちばん強くなりたい スロット 天井期待値

 逆に言えば、単巻完結が求められる「小説賞・新人賞」では評価されづらいのです

もし「探し求める旅・クエスト」を「小説賞・新人賞」に応募したければ、連載の最後の一巻だけを応募しましょう

これならきちんと探しものが見つかって物語がきちんと終われます

あなたも好きかも:パチンコ 勝てない機種
また「探し求める旅・クエスト」をしていた物語であれば、連載の可能性を選考側が把握しますから、将来性も買われるかもしれません

 だから「探し始める」から書かず、「探し終える」ところだけを書きましょう

 もちろん物語としての整合性をつけるために、連載で張っていた伏線をうまく処理しないと「まったく面白くない物語」になってしまいます

その点には要注意です

旅行や取材で訪れたら事件が 次は旅先で事件に巻き込まれるパターンです

 これはマンガなら天樹征丸氏&さとうふみや氏『金田一少年の事件簿』が当てはまりますね

青山剛昌氏『名探偵コナン』は主人公の年齢設定からもそんなに都外へ出ませんが、『金田一少年の事件簿』は主人公が高校生なのである程度自由に旅ができるのです

あなたも好きかも:スロット みさお 結婚
まぁ行く先が「秘宝島」とか「墓場島」とかキラキラネームな名前ばかり

行ったら絶対なにかありそうな名称ばかりです

 取材で訪れたらは内田康夫氏「浅見光彦」シリーズが有名でしょう

ドラマにもなって多くの名優が主人公・浅見光彦を演じています

 私は中村俊介氏がいちばん記憶に残っているのですが、たいていは榎木孝明氏か辰巳琢郎氏もしくは沢村一樹氏かな? 水谷豊氏を挙げる方もいそうですね

 それだけ「浅見光彦」シリーズは時代を越えて人気を集めました

 さらに遡ると山田洋次氏監督&渥美清氏主演『男はつらいよ』があります

こちらはフーテンの寅こと車寅次郎が、旅先でマドンナと出会い、気を惹こうとしたり思いを寄せたりすると決まってマドンナの想い人が現れるのです

寅さんはいつも笑いながらマドンナと想い人をくっつけて、背中で泣いて新たな旅へと出かけていきます