fallout new vegas カジノ mod

fallout new vegas カジノ mod

「ハボルド様、それも仕方ありません

妖精王というエルフ達の兵器を考えれば、エルフの殲滅は容易いかと……」「だろうな

あのディーガルを簡単に殺せるなど……」 ハボルドはディーガルとよく手合いをしており、若い頃からの好敵手(ライバル)であった

 出世し、家族を失ってからは、辺境に追いやられたりもしたが、良き好敵手(ライバル)であると考えている

 だからこそやられたと連絡が入った時は驚いたが、そのすぐ後に瀕死から回復し、あのような演説をした執念に感服している自分がいる

「ならば我々は我が国の平和のため、国民達を脅かす愚か者共に鉄槌を下さねばならないな」「は!」 そんな真っ直ぐに国を思うハボルドと騎士達の前に、その場に居合わせることに違和感しかないゴスロリ服の少女が割り込む

「暑苦しいこと

平和だ、大義だなどとご苦労なことですわね」「えー、いいんじゃなぁい? そういう男の子の暑苦しい感じ、嫌いじゃないよぉ? 十歳児くらいなら尚よし!」「可愛いげがあるよな、そのくらいのガキはよ」「――黙らっしゃい! このショタコン共!!」 周りの騎士達はその緊張のない三人の女の子に思うことは様々なようだが、ハボルドは歳が離れているせいもあってじゃれついているように見えているよう

「少女達よ

あなたも好きかも:パチンコ ペルソナ4
貴殿らの力を借りずともこの戦争、勝ってみせるさ」「あら? そうもいかないわ

この戦争はエルフ達の絶滅を目的とするわけだけど、ゆくゆくは亜人種の絶滅も考えているのでしょう?」 ハボルドもそれは聞かされてはいる

 ディーガルが変わり果ててから、亜人の絶滅が目的であること

 正直反対したいところではあるが、その辛さを共感できてしまう立場にあることから、流されるように今の立場と状況を受け入れている

あなたも好きかも:偽物語 スロット 実践
 自分も同じように家族を奪われたらと考えると、胸が張り裂けそうになる