伊達 メガネ スロット

伊達 メガネ スロット

しかし、獣が降りてくる時期には些か早い気もするが」そう言うと、ほんの少しだけ訝しげに前領主様はルイの方を見つめた

ルイの格好、主に腰に提げている短刀を見てバンには少々の色眼鏡は入っている

"忍び込んでいない"なら慇懃無礼に悪態もつくだろうが、実際、バンの色眼鏡は的中しているのでルイにしては、珍しく愛想笑いを浮かべている

「"獣"が出ても不思議ではないんじゃないんですか

もう春の季節の序盤も終わりに入りました

腹が減った獣が父上や母上お手製の、無農薬の菜園の美味しい葉物野菜を狙ったのじゃないですか

春の葉物は甘くて美味しいのは、確実な事ですから」ルイを庇うわけではないが、アプリコットは口角をにっとあげて父親に微笑みかける

あなたも好きかも:パチスロ リトル
"娘"のそんな様子を見て、バンは小さく嘆息を漏らした

どうやら前領主殿は遠まわしにルイの事を"気に入らない"と表現して、アプリコットに忠告したつもりだった

しかし、当のアプリコットはその意見を聞きつつも、忠告は受け入れなかった

あなたも好きかも:ルパン パチンコ 旧台
「母上に挨拶するなら、仮面と礼儀を忘れないようにしなさい

挨拶がすんだらお茶ぐらい飲んでいくと良い、奥で用意しておこう」そう言ってバンはアプリコットに背をむけて、屋敷入り口の来た通路を戻って行った

偉く遠回しに感じられるビネガー父子のやりとりは、ここで一旦終止符がうたれる

普通なら気がつかないやり取りだが、前領主邸に向かう前に話を聞いていたリリィとルイにはうっすらではあったが、ビネガー家の父と娘に軽い確執が残った事が分かる

「やっぱりオレ、前領主様にお気に召さなかったみたいっすね」前領主であるバンの姿が完全に見えなくなってから、ルイは幾分か申し訳なさそうな声を出す

ルイ自身は前領主であるバン・ビネガーにどう見られようと、気になどしない

"蔑むなら勝手に蔑め"そんな心意気すらある