岡山 金光 パチンコ

岡山 金光 パチンコ

 考助がそんな態度なので、コウヒもまったく気にしている様子もなかった

 もっとも、騎士たちが考助に何かをしようとすれば、すぐにワンリは牙をむくことになるだろうが

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 一応レンカの着ている服は、旅仕様らしくさほど華美なものではないのだが、それでも高価だとわかるものを着ている

 それでも、そんなことはまったく気にした様子もなく、レンカは残ったワンリを愛で続けていた

 周囲の騎士や世話役も、レンカのそんな行動を止めることはせず、どちらかといえばかわいい子供を見る感じで見ていた

あなたも好きかも:スロット 宵越しとは
 そんな彼らの様子を見れば、単に雇い主の子供として見られているのではなく、レンカ自身が愛されているのだということは分かった

 そんなこんなで、ミツキとナナがいなくなってから一時間ほど経って、考助の予想通りミツキがフローリアを連れて戻ってきた

 見慣れない人間の登場に、一瞬騎士たちの警戒が上がったが、ミツキがそばにいることで、それはすぐに解かれた

 ただし、勿論フローリアをきちんと観察することは忘れていない

あなたも好きかも:パチンコ 安藤
 そんな彼らの視線を感じつつも、フローリアはまったく気にした様子も見せずに、考助に向かって右手を上げた

「いきなりのことで驚いたが、なるほど、確かに面白そうなものが見れそうだな」「そう? それなら来てもらった甲斐があったよ

あなたも好きかも:ヤッターマン スロット 新台
それで、どう思う?」 いきなり本題に入った考助に、フローリアは肩をすくめた

「どうもこうもないな

彼ら次第ではないか? こっちは提案だけすればいい」「ああ、なんだ

それでいいんだ」 フローリアの言葉に、考助は安心した表情を浮かべた