大阪 スロット 珍台

大阪 スロット 珍台

眠らなければ眠らないほど強いと噂の僕は、テンション最高潮で集中力は限界まで研ぎ澄まされている状態だ

おそらく、ティティーも同じ現象に陥っている

あなたも好きかも:ルパン マモー パチンコ プレミア
 つまり、いまの僕とティティーは、目に映る世界全てが神々しくて堪らないのだ

ちょっとやそっとのことで、この暴走は止まらない

 当然、笑顔で叫び合う僕たちを、周囲の探索者さんたちは距離を取る

あなたも好きかも:岡山 ゴルフ スロット
 その中で近づいてくれたのは一組の少年少女だけだった

「ほ、本当に長い間、迷宮に潜っていたんですね

お兄さんとお姉さん」 焦げ茶色の髪の少年が、ティティーの後ろから現われ、出入り口前で騒ぐ僕たちに声をかける

 ライナーより少し幼い――十二歳前後に見える少年だ

あなたも好きかも:カチドキ スロット
名前はアル・クインタス

装いは探索者として真っ当で、動きやすいなめした革の防具を身につけ、腰には小振りの剣を下げている

駆け出しの探索者といった風貌だが――レベルは14と異様に高い

実に将来有望な少年だ

 少年アルの目も周囲の探索者たちと変わらない

できれば、いますぐ僕たちから離れたそうに見える

けれど、それを我慢して僕たちに付き合っている

 その理由は単純

アルを僕が金で雇っているからだ